Amazonの大口出品・小口出品とそれぞれにかかる手数料

Amazon マケプレ FBA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大口出品・小口出品とそれぞれの料金

Amazonで出品するためには、出品者としてアカウント登録する必要があります。

その際、

大口出品
小口出品

を選択することができます。

大口出品でできること&料金

大口出品の場合は、月額登録料として毎月4,900円がかかりますが、下記のことが可能になっています。

  • オリジナル商品もAmazonに既にある商品も出品可能
  • 出品数やカテゴリーが無制限(一部制限あり)
  • 大量の商品もまとめて出品登録が可能
  • データ分析レポートが利用可能

また、大口出品で、発生する料金は下記のようになります。

月額4,900円 + 商品が売れたときに発生する「販売手数料」

小口出品でできること&料金

小口出品の場合は大口出品に比べ、商品の出品面で下記のように制約が多くあります。

  • Amazonに既にある商品のみ出品可能
  • 商品を出品するには1商品ごとに登録が必要

大口出品のような月額登録料は発生しませんが、1点の注文ごとに100円の「基本成約料」が発生します。

また、小口出品で、発生する料金は下記のようになります。

1点の注文ごとに100円の「基本成約料」+ 商品が売れたときに発生する「販売手数料」
たるを
たるを
大口出品の方が自分で商品を登録できるので、販売面で有利になりますし、月に50個以上の商品を売る場合は小口出品よりお得になるので、自分は大口出品者として登録しています。

「販売手数料」と「カテゴリー成約料」

商品カテゴリーごとに異なる「販売手数料」

商品が売れた時に発生する「販売手数料」は、「商品カテゴリー」によって料率が異なっています。

例えば、本・CD・DVDなどは15%、家電などは8%、おもちゃ&ホビーなどは10% といった設定になっています。

メディア商品で発生する「カテゴリー成約料」

メディア商品(本、ミュージック、ビデオ・DVD)は、上記の「販売手数料」とは別に「カテゴリー成約料」という料金が発生します。

書籍であれば80円、ミュージックであれば140円といった「カテゴリー成約料」が発生します。

計算例1)大口出品者が「本、ミュージック、ビデオ・DVD以外の商品」を販売した場合

10,000円のカメラ(送料500円)を1か月に100点販売した場合の費用:

(10,000円+500円) × 100 = 1,050,000円(売上)

1,050,000円(売上) × 8%(販売手数料)
+4,900円(月額登録料)

=88,900円 (費用の合計)

計算例2)大口出品者が「本、ミュージック、ビデオ・DVD」を販売した場合

1,000円(送料500円) の本を1か月に100点販売し、国内へ発送した場合の費用:

(1,000円+500円) × 100 = 150,000円(売上)
80円(メディア商品1点あたりにかかるカテゴリー成約料) × 100(商品点数) = 8,000円(カテゴリー成約料合計)

150,000円(売上) × 15%(販売手数料)
+ 8,000円(カテゴリー成約料合計)
+ 4,900円(月額登録料)

=35,400円(費用の合計)

たるを
たるを

上記は大口出品者の計算例ですが、小口出品者の場合は、月額登録料の4,900円が発生しない変わりに、1点の注文ごとに100円の「基本成約料」がかかります。

「Amazonで出品する時にかかる費用」のまとめ

  • 大口出品・小口出品の料金の違い
    • 大口出品者は月額4,900円の「月額登録料」
    • 小口出品者は1点の注文ごとに100円の「基本成約料」
  • 「販売手数料」と「カテゴリー成約料」(大口・小口共通)
    • 商品が売れた時に発生する「販売手数料」は、「商品カテゴリー」によって料率が異なる
    • メディア商品(本、ミュージック、ビデオ・DVD)では、さらに「カテゴリー成約料」という料金が発生
たるを
たるを

今回は、Amazonで商品を販売する際にかかる費用についてまとめてみました。

 

フルフィルメント by Amazon(FBA)を利用する場合は、さらに「配送代行手数料」「在庫保管手数料」が発生します。

 

Amazonでは多少値段を高めに設定しても売れやすいのですが、利益を確保するために、これらの手数料を意識しておく必要があります。

 

FBAを利用した場合に発生する手数料については別の記事でまとめていますのでご参考にしていただければ幸いです。

Amazon FBAの「配送代行手数料」の算出方法・確認方法
Amazon FBAの「配送代行手数料」とは? Amazon FBAの在庫保管手数料とセラーセントラルでの確認方法 でも触れましたが、 FBA(フルフィルメント by Amazon)の手数料として下記が発生します。 ...
Amazon FBAの在庫保管手数料とセラーセントラルでの確認方法
Amazon FBAの「在庫保管手数料」とは? Amazon FBA(フルフィルメント by Amazon)では、FBAの倉庫に商品を納品しておけば、Amazon上で商品が売れた時に自動的に商品の発送などを行ってくれます。 商品だけ...
【関連記事】FBA在庫調整レポートを確認して紛失した在庫の補填をしてもらう方法
【関連記事】FBAの購入者からの悪い評価をセラーセントラルで削除申請する方法
【関連記事】ショッピングカートが獲得できていない商品を確認する方法
【関連記事】Amazon FBAで販売不可在庫が発生した時の所有権の放棄依頼の方法
【関連記事】FBA 新規商品の登録方法(製品コード免除後)セラーセントラルでの作業
【関連記事】Amazon FBAの「配送代行手数料」の算出方法・確認方法
【関連記事】FBAマルチチャネルサービスで無地ダンボールで出荷する方法
【関連記事】FBAパートナーキャリアで発送した際の配送料を確認する方法
【関連記事】FBAのトランザクションレポートで表示される「プロモーション割引」とは?
【関連記事】Amazon FBAノーブランド品やセット品の製品コード免除申請の方法
【関連記事】FBA納品ラベル40面の印刷がずれてしまう場合の印刷設定の方法
【関連記事】『[FBA]納品時に問題が発生した商品について』メールへの対応方法
【関連記事】セラーセントラルの「有効な出品情報がないFBA在庫を修正」で「削除された出品」と表示される原因と対処方法
【関連記事】セラーセントラルに出品用アカウントに登録されているクレジットカードの有効期限の更新方法

★Amazon FBA・マーケットプレイス関連のおすすめ本





★Amazon FBA関連の便利グッズ

FBA用の商品に貼り付ける印刷ラベルです。

スタンダードな1面24枚のラベルです。

1面40枚のものもあります。1回の納品数が多い場合や、ラベルを貼る面積が小さい商品などに向いています。

タイトルとURLをコピーしました