Google Adsenseで「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」のメッセージが表示された時の対処方法【XServer】

Web・プログラミング学習
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Adsenseの管理画面で「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」のメッセージが・・・

ある日、Google Adsenseの管理コンソールにアクセスすると、「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」のメッセージが表示されていました。

「これもしかしてアカウント停止されるじゃ・・・」と焦ったのですが、調べてみると「ads.txt(アズテキスト)」が設置されていない時に出るようになった警告のようです。「ads」とは、認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の略だそうです。

この「ads.txt」を設置しておくことで、自分のサイトの広告枠が悪質なボットなどにより不正に利用されることを防ぐことができるようになります。

「ads.txt ファイルの問題を修正してください。」への対応方法

対応方法自体は簡単で、表示されているダウンロードリンクから「ads.txt」をダウンロードし、それをサイトのルート直下に配置するだけです。

「ads.txt」ファイルの中身は下記のようになっており、「pub-xxxxxxxx」の部分が固有のアカウントIDになります。

google.com, pub-xxxxxxxx, DIRECT, f08c47fec0942fa0

XServerでの「ads.txt」のアップロード方法

Xサーバーの管理画面にログインし、「ファイル管理」ボタンを押します。

ads.txtを配置したいサイトのドメイン名のフォルダを選択します。

「public_html」フォルダを開きます。

この「public_html」フォルダ直下に「ファイルのアップロード」から、先ほどダウンロードした「ads.txt」を選択し、アップロードボタンを押します。

下記のように、「public_html」フォルダ直下に「ads.txt」が配置されればOKです。

注意点としては「ads.txt」はルートドメインの直下に配置されている必要があり、下記のようにサブドメインのサイトの直下に置いても有効になりません。

○ https://example.com/ads.txt
✕ https://subdomain.example.com/ads.txt

★Google Adsense関連のおすすめ本



created by Rinker
¥1,547 (2020/09/28 17:55:42時点 Amazon調べ-詳細)

★レンタルサーバーはエックスサーバーがおすすめ

当ブログでも利用していますが、レンタルサーバーはエックスサーバー(XServer)がおすすめです。

・マルチドメインに対応できる
・WordPressも1クリックでインストール可能
・わかりやすい管理コンソール
・動作も安定している
・利用者が多いので、困った時でも大体ネットですぐに情報が得られる
・月額1000円前後から利用可能

といったメリットがあります。

WordPressの他にも、自分で作ったPHPプログラムを動かしたりしています。



また、WordPress専用のwpXレンタルサーバーというサービスもあり、こちらは月額500円から利用できるようになっています。



タイトルとURLをコピーしました