「会社・仕事への不満が転職理由」や「逃げ転職」は甘え?後悔・失敗する?

就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

結論からいうと、今の会社・仕事に不満があるから転職する。不満を出発点に転職先をしっかり決めればOK

「会社・仕事への不満が転職理由」であることや、いわゆる「逃げ転職」は「甘え」であり、そういった後ろ向きな理由での転職は失敗したり、後悔につながったりするのでしょうか?

「会社への不満」を出発点に、30代後半で転職をした私の経験を踏まえて、結論から言うと、

  • 今の会社・仕事に不満があり、それを理由に転職するのは当たり前
  • その不満を明確化し、それを基準に転職先をしっかり決めればOK

ということになります。

会社の仕事内容・人間関係・給与などへの「不満」を理由にした転職や、「逃げの転職」について、とても共感する記事がありました。

「逃げ転職」はやっぱりよくない!?この転職OK、NGの判断基準とは[講師:山崎 元氏]

ピックアップしてまとめると、下記のような内容かと思います。

「会社・仕事への不満」は転職理由として当たり前&とても重要

  • そもそも、会社が嫌でなければ転職なんて考えない
  • 「この会社にいたらダメになる」は転職を考えるうえで重要なファクター

考えてみれば、当たり前だと思うのですが、

  • 会社の仕事内容 への不満
  • 組織・人間関係 への不満
  • 待遇・給与 への不満

等がなければ、転職を考えることは少ないのではないでしょうか?

もちろん、今の会社には満足しているけれど、どうしてもやりたいことが見つかったからチャレンジしたい、という転職もあると思います。

しかし、大部分の人は転職理由として、多少なりとも今の職場に対する不満があるのではないかと思います。

「逃げ転職」の問題点は、あせって転職先を適当に決めてしまうこと

  • 「逃げ転職」(の問題点)とは、今の環境をとにかく早く抜け出したいあまり、仕事内容をあいまいにしたまま、次の転職先を決めてしまうこと
  • 「次の仕事の決め方」に問題があるだけで、「不満から抜け出すような転職は失敗する」という精神論が原因ではない

「不満から抜け出すような転職」自体に問題があるわけではなく、「早く今の状態から解放されたい」という気持ちが強いあまりに、次の転職先を、安易に決めてしまい、結局「人や場所が変わっただけ」という結果になることが問題ということです。

現状の不満を明確化して、その基準にそって次の転職先を決めることが重要

  • 「この会社にいたらダメになる」「新しい会社の方が自分にとって得だ」「辞めることのメリットはこんなに大きい」など、転職理由について明確に答えることができればOK
  • 好き嫌いや転職に伴うさまざまな要素を総合的に考えて、損得ゼロ以上なら、転職して新しい経験ができるだけ得

私自身も、転職を考えるにあたって、

  • 今自分は何に対して不満があるのか
  • それを踏まえて次の転職先に求めるものは何か

について書き出し、それぞれに優先順位を付けて明確化していました。

この作業が結構重要で、これがブレなければ、転職に成功する確率はぐっと上がるのではないでしょうか。

【転職成功の秘訣】まずは転職理由や基準・人生の価値観の明確化から!

【転職成功の秘訣】まずは転職理由や基準・人生の価値観の明確化から!
現状の会社や仕事に対する不満を明確化=人生で大切にしている価値観の明確化 「会社・仕事への不満が転職理由」や「逃げ転職」は甘え?後悔・失敗する? に、も書きましたが、 今の会社・仕事に不満があり、それを理由に転...

まとめ:「逃げは甘え」という精神論は無視でOK!自分の人生を優先しよう!

同じ記事に、転職に悩む方を後押ししてくれるような文章がありましたので、これを引用させていただき、今回のまとめとします。

  • (他人から見て)逃げなら逃げで結構だし、そもそも誰かに自分の人生を言い訳する必要などない
  • 逃げか逃げじゃないかについて悩むこと自体、生産的じゃない
  • 満足度の低い会社で貴重な時間を費やすより、さっさと見切りをつけて、新天地に活躍の場を求めたほうが利口

自分も時々これを読み返して、自分の人生の再確認をしようと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

山崎 元 氏のおすすめ転職本

created by Rinker
¥1 (2020/07/17 00:06:35時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました