セミリタイア(サイドFIRE)まであと96ヶ月

セミリタイヤ・サイドFIRE
スポンサーリンク
スポンサーリンク

セミリタイア(サイドFIRE)まであと96ヶ月

55歳までに金融資産が8千万円を超えたらセミリタイアをしようと思っています。今月で96ヶ月、ちょうど残り8年となりました。ちょっと前まで「あと10年もあるのか〜」と考えていましたが、2年経つのはあっという間でした。

2年前と比較すると、資産が増えたことによって心境に変化が生まれてきたように思います。今日はそのことについて書きたいと思います。

2024年6月時点の純資産

コツコツ積立投資しているS&P500や全世界株の好調や、円安の影響で資産増加が加速し、いつのまにか金融資産としては6千万円を超えていました。(これに純資産としては不動産を足して、ローン残高を引く形で算出しています。)

項目金額(万円)前月比備考
現金1,135-5.6%
株式1,224+3.4%米国高配当ETF(VYM/SPYD)等
投資信託1,557+10.0%S&P500/オルカン/NASDAQ 等
年金(iDeco)406+6.4%全世界(日本除く)
ストックオプション2,080
金融資産合計6,402
不動産4,392固定資産税評価額÷0.7で計算
ローン-3,174
純資産7,620

金融資産が5千万円を超えて感じる変化

「会社員をいつ辞めてもなんとかなりそう」という安心感

資産が5千万円を超えると「会社員をいつ辞めてもなんとかなりそう」という心境になってきました。

現在の労働環境や人間関係には大きな不満はありませんが、もし異動などでストレスの高い状態になってしまった場合でも、「しんどかったらいつでも辞めれるからいいや」という心構えで居られるのはとても大きいと感じています。

本業に対するモチベーションへの低下

出世のためにしんどい仕事をやったり、損な役割を引き受けたりしないで済むので、仕事に対するモチベーションが低下しているのを感じます。

本業へのモチベーションの低下については、他の投資系YouTuberの方も同じようなことを言われていて、自分だけじゃなかったんだと思って少し安心しています(笑)

体調を崩したり、精神を病まないようにワークライフバランス重視になっています。

労働者から資本家へ

YouTubeの動画などでは、準富裕層の5千万円を超えたあたりから労働者から資本家になってきている、といった表現もされており、確かにそういう意識が芽生えてきているように感じます。

本業の給料を超える額が数日で増えたりするので(逆もありますが・・・)お金に働いてもらっている、という感覚が強くなってきた感があります。

これまではあまり考えずにひたすらインデックスの積立投資をしてきましたが、もう少しポートフォリオを意識した投資スタイルにした方が良いのでは、と考え始めています。

自分の健康に気を使うようになった

年齢的なものもあると思うのですが「お金がいくらあっても、セミリタイヤしても、健康じゃないと人生を楽しめない」ということを特に意識し出しています。

カロリー計算や、毎日の散歩、筋トレ・ストレッチなどを継続しているおかげか、以前より体の調子が良い感じがしています。引き続きこれらは続けていきたいと思っています。

体重はMaxの80kgから、標準体重の69kgまで減ってからは現状維持といった感じです。どちらかというと筋肉をつけて体脂肪を減らしていくフェーズかと思っています。

まとめ:セミリタイヤ・サイドFIREが現実的になってきた

このまま順調に資産が増えていけば、55歳を待たずにセミリタイヤを実行しても良いのではないかと思うぐらいですが、何が起こるかは予想はできないので、引き続き自分にできることをコツコツ続けて行こうと思っています。

おまけ:最近Amazon プライムでみた映画

リベラルアーツ大学の両学長がオススメしていた「お金について学べる映画12選」のうち

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
「殿、利息でござる!」
「億男」
「最高の人生の見つけ方」

を見ました。

どれも、お金はその使い方や使う人によって価値が決まる、といったことについて考えさせられた作品で、ストーリーも面白くあっという間に見終わってしまいました。

それ以外では「星の旅人たち」という映画も良かったです。

タイトルとURLをコピーしました