【SEO対策】FC2ブログでURLをSSL(HTTPS)に対応させる方法

Web・プログラミング学習
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEO対策上、サイトのURLをSSL(HTTPS)化する方が良い

SEO対策(検索エンジン最適化)において、サイトのURLをSSL(HTTPS)化する方が有利と言われています。

HTTPSに対応していないサイトはブラウザによっては警告マークが表示されるようになっており、今やURLのSSL(HTTP)化は必須となってきています。

FC2ブログの場合、管理画面からすぐにSSL(HTTPS)に対応したURLに変更できるようになっています。

FC2ブログでSSL(HTTPS)のURLに変更する方法

ブログ管理画面の「設定」→「環境設定」メニューを選択します。

「ブログの設定」タブの「SSL設定」を選択します。

SSLを「有効」
転送設定を「301(恒久的な転送)」

に変更して「更新する」ボタンを押します。

変更後、HTTPのURL(http://〜)をブラウザ入力し、HTTPSのURL(https://〜)にリダイレクト(転送)されるようになっていたら設定完了です。

その際、一通りサイトを表示してみて、表示されなくなっているコンテンツが無いかのチェックをすることをおすすめします。

※ また、SSL(HTTPS)への変更にあたっては、下記のような注意事項が管理画面上に記載されていますので、確認してからの変更をおすすめします。

公式プラグインが正常に表示されない場合は、プラグインの再ダウンロードをお試しください。
SSL未対応のプラグインをご利用中の場合は、「非表示」にする必要があります。
FC2ブログにアップロードされている記事内のファイルについては、自動で「https://」から始まるURLが表示されます。
外部サービスを参照しているURLは、ご自身でご対応いただく必要があります。
ブログの中に「http://」から始まる画像やファイルのURLがあった場合は、表示されないことがあります。
設定変更後に正しく表示できない場合は、ブラウザキャッシュの削除をお試しください。
また、SNIに対応していない環境においては、証明書の警告が表示されたりブログの表示ができなくなることがあります。
(大半のフィーチャーフォンやWindowsXPの「Internet Explorer」はSNIに対応しておりません。)
転送設定はSSLが「有効」の場合のみに設定が反映されます。
転送設定を「301」に設定されますと、転送情報がブログ訪問者の環境へ保存され、SSLを「無効」へ戻した場合に正常な閲覧ができなくなることがあります。
「301」への変更には、問題がないことを十分ご確認のうえ行うようお願いいたします。

★FC2ブログ関連記事&書籍

【SEO対策】FC2ブログでURLをSSL(HTTPS)に対応させる方法
SEO対策上、サイトのURLをSSL(HTTPS)化する方が良い SEO対策(検索エンジン最適化)において、サイトのURLをSSL(HTTPS)化する方が有利と言われています。 「HTTPS をランキング シグナルに使用します(Goog...
【SEO対策】FC2ブログで記事タイトルをブログ名より前に変更する方法
SEO対策上、キーワードをできるだけタイトルの前半に持ってくる方が良い SEO対策(検索エンジン最適化)において、上位表示させたいキーワードをタイトルの前半に持ってくる方が良いと言われています。 FC2ブログの場合、テンプレートによ...




タイトルとURLをコピーしました